営業を辞めたい…からエンジニア以外に営業を辞めてよかったと思える方法

営業辞めたい…から営業辞めてよかったと思える次のキャリアプランとは!?

営業を辞めたい…からエンジニア以外に営業を辞めてよかったと思える方法

Nさん
「ノルマがきつすぎて営業辞めたい。。。」
Aさん
「営業として頑張ってきたけど、将来のキャリアとして営業一筋で良いのか不安。営業辞めたいかも。。。」
Nさん
「そもそも自分には営業が向いていないのではないか…営業辞めたいな。。。」

このように営業を辞めたいという想いを抱いている人も多くなってきていると思います。

実際に「営業 辞めたい」と調べてみると、、、

みたいな記事が出てくることからも、営業を辞めたいという悩みを持っている人は多いと言えるでしょう。

結論から言います。

そう思っているなら一刻も早く「営業を辞めたい」という想いを優先して、営業をやめてしまいましょう。

なぜなら、実際に「営業 辞めてよかった」と調べてみると、、、

とうような記事が出てきます。

つまり何が言いたいかというと、同じように営業を辞めたいと考えてから、営業を辞めてよかったと感じている人は多いです。

今回は、営業を辞めたいと考えている人が、エンジニア以外でも営業を辞めてよかったと思えるような手段を紹介します。

そして実例として、営業を辞めたいと考えてからエンジニアになった人が、営業を辞めてよかったと思えた瞬間に関して紹介していきます。

内容としては3〜5分で読み終わるように構成していますので、ぜひ最後までチェックして下さい。

知っていると知っていないでは、大きく今後の行動と結果が変わってくると思います。

マイナビエージェント

目次

営業を辞めたいと考えてしまう理由

営業を辞めたいと考えてしまう理由は人それぞれ違う

冒頭で触れたように、営業を辞めたいと考えてしまう理由は人それぞれだと思います。

・厳しいノルマが嫌だ
・営業を極めたところで、その先のキャリアプランが見えない
・そもそも営業が向いていない

など、理由は様々です。

ただどんな理由であれど、「営業を辞めたい」という気持ちがあり、「営業を辞めてよかった」と思えるような次のキャリアプランとしては何が良いのか?と考えている人が多いと思います。

つまり、営業を辞めたいと感じているなら、そこで悩むのは時間が勿体無いです。

営業を辞めてよかったと思える未来に向けて行動してしまうことをおすすめします。

営業を辞めたいは甘えではない!

営業を辞めたいというと、それって「甘えだ!」と言ってくる人は一定数いると思います。

この第三者からの「甘えだ!」という言葉を真に受けすぎて、営業を辞めたいけど、辞められないという人もいると思います。

例えば、上司などに行ったときには、それは引き止め目的かもしれないです。

あくまで、「他人は他人。自分は自分。」ということを認識した上で、自分で納得がいくようなキャリアを選んで、推進したほうが良いです。

周りの人の評価などは、気にする必要はありません。

なぜなら、そういう「甘えだ!」と言ってくる人は、あなたの人生の責任など取ってくれないからです。

そもそも営業を辞めたいのではなく、現状の会社の環境で営業をするのが嫌なのかもしれません。

その場合は、違う会社に転職することをおすすめします。

何が言いたいかというと第三者からの「営業辞めたいなんて、甘えだ!」という言葉に向き合う必要はありません。

自分のキャリアプランや人生に向き合ったほうが良いです。

営業を辞めたいと考えているなら営業を辞めてしまって良い理由

営業職の労働者数は多いです。

日本の社会において、7割くらいが営業職だったりする企業が多いと思います。

実際に、国内の労働者数は、2016年時点のデータで、平均6440万人いて、そのうち営業職(販売従事者)は約880万人います。

つまり、労働者数の10%以上の人が営業職として働いていると捉えることができます。

※出典:「平成28年労働力調査結果」(総務省統計局)

何が言いたいかというと、営業職としてこれから出世していくのは難しいと考えられます。

なぜなら営業職の労働者数が多いということは、ライバルが多いということだからです。

であれば、ノルマが厳しくて嫌気がしていたり、営業が合っていないと感じるなら、わざわざ激戦区で、働く必要はないという考え方です。

また営業がすべてではないはずです。世の中にはいろんな職種があります。

営業が辞めたいと思ったことを機に、いろんな選択肢を見渡してみるのも良いかも知れません。

ただ、営業を辞めたいと考えても、なかなか営業を辞められず、ずるずる営業を続けてしまう人が多いです。

営業を辞めたいと考えても、ずるずる営業を続けてしまう理由

前述の通り、営業を辞めたいと考えても、なかなか営業を辞められず、ずるずる営業を続けてしまう人が多いです。

では、なぜ営業を辞めたいと考えても、なかなか営業を辞められず、ずるずる営業を続けてしまうのか?

まず、営業を辞めたいと考えても今まで積み上げてきたことが営業だから、営業として転職してしまう人が多いです。

つまり、新たな領域に挑戦する際に不安が大きく、結局営業を辞めたいと考え、営業を辞めてよかったなと思える未来への希望を捨てることになってしまいます。

そして、結果的に営業を辞めたいと考えていたはずが、ずるずる営業を続けることになってしまう。

ただ本当にそれで良いのでしょうか?

営業として再度転職するなら「営業を辞めたい」ではなく、「会社を辞めたい」が理由ならわかります。

「営業を辞めたい」という想いが強いならば、「営業」という領域から離れて、違う職種に転職したほうが良いと思います。

マイナビエージェント

 

営業を辞めたい…から営業を辞めてよかったと思えるためには!?

新卒/30代/40代など年齢、男性/女性などの性別で自分に制限をする必要はない

「新卒で入社したが、すぐ辞めるのは…」「30代の転職だから…」「40代の転職だから…」「女性だから…」などの年齢や性別で自分に制限をする必要はないはずです。

何を始めるにしても遅いことなんてありません。性別も関係ないです。

もちろん、向き不向きがあったり、今までの年収が大幅に下がってしまうと生活が厳しいなどはあると思います。

たとえば、年収が下がってしまうのを懸念するなら、時間を作って、自主的にスキル習得に向けて学習するなどすれば良いと思います。

今はプログラミング学習や、Webデザインの学習などを展開しているビジネススクールはたくさんありますし、今のうち時間とお金を投資すれば、そこまで年収が下がることはないでしょう。

たとえ下がったとしても手に職つけてしまえば、副業で稼ぐこともできたりする時代です。

また、プロになってしまえば、コンサル案件を取って、短時間で高単価の副業などもできると思います。

なので、「新卒で入社したが、すぐ辞めるのは…」「30代の転職だから…」「40代の転職だから…」「女性だから…」などの年齢や性別で自分に制限をする必要はないのです。

では、具体的にどんな職種の選択肢があるのか?

営業を辞めたいと考えている人にとって、次の職種の選択肢とは

営業を辞めたいと考えている人が次の職種の選択肢は何があるのでしょう?

・マーケティング
・営業企画
・商品企画
・採用/人事
・デザイナー
・コンサルタント

など、どんな職種でも良いと思います。

重要なのは、自分の強みが活かせるような職種を選ぶことです。

今まで培ってきた能力を活かして、伸び代が大きそうな職種を選ぶと良いです。

では、具体的な例などを踏まえて紹介していきます。

 

営業を辞めたいと考えている人にとって、次の職種の選択肢を洗い出す方法

・マーケティングに向いている人

マーケティングは数値に強かったり、広告を届ける相手のことをしっかり想像できたりすることが大切です。

もともと営業をやっていたときに、クライアントの心などを汲み取るのがうまかった人は、マーケティングという職種も向いていると言えるでしょう。

»マーケティング部門の仕事、業務内容

・営業企画に向いている人

営業企画は、どういう売り方をしていけば良いのか?の戦略や仕組みを作っていけると強いです。

なので、営業企画に向いている人は、爆発的な売上を作ることはできなかったけど、自分なりの仕組みを作ったりして、効率的かつ安定的に売上を作っていた人などです。

»営業企画とはどんな仕事?

・商品企画に向いている人

商品企画は、売れるものを企画できる人が求められます。

つまり、どういう商品が売れるのか?という点で、営業をやっていたことにより、クライアントの声を現場でたくさん聞いてきた営業経験者は、机上の空論ではなく、リアリティのある商品企画ができる可能性があります。

»商品企画の仕事、業務内容

・採用/人事に向いている人

採用/人事は、営業活動に似ています。

新規顧客の開拓は、新しい人の採用活動と同様の考え方ですし、既存顧客のリピート対策は、どう社員のエンゲージメントを高めるか?と同様の考え方です。

»人事の仕事内容って?

・デザイナーに向いている人

もともと絵を書くのが好きだったり、もしくはデザインに関して興味があったりする人で、なんで営業やっていたんだ?となっている人もいると思います。

自分の強みは、デザインなどのセンスだ!という人はデザイナーに挑戦してみても良いかもしれません。

»【デザインを仕事にする】デザイナーとは何をする人?種類と仕事内容をご紹介

・コンサルタント

何かモノを売りたいというよりは、経営に近しい領域に興味が強い人はコンサルタントに挑戦してみても良いかもしれません。

また、将来MBAに行こうかななど考えている人は、コンサルティング会社にはMBA出身者などが多かったりするので、コンサルティング会社に転職して、実際に実務で使えるような部分だけ先輩からスキルを盗むのも良いと思います。

»戦略・経営コンサルタントの仕事内容とは。働き方から平均年収、未経験からの就職のコツまで解説!

ただし、なかなか自分1人で考えていてもわからないという人もいると思います。

そこで、営業を辞めてよかったと思えるおすすめな方法は、、、

マイナビジョブ20's

営業を辞めたい…からエンジニア以外に営業を辞めてよかったと思える方法

転職エージェントや転職サイトを活用することです。

特におすすめは、転職エージェントです。

転職エージェントは、転職を支援するプロフェッショナルです。

あなたの経歴やスキルを加味した上で、あなたのやりたい職種の求人があるのか?ないのか?など相談に乗ってくれます。

また、第三者的な視点で、いろんな意見をくれるでしょう。

そして、新たな自分の可能性に気づけるかもしれません。

なので、転職エージェントを活用し、営業を辞めたいという旨を伝え、営業以外の職種への転職活動を手伝ってもらい、結果的に営業を辞めてよかったと感じることができると思います。

だからこそ、転職エージェントの活用はおすすめです。

転職する際に、転職エージェントがおすすめな理由

職場を変えるのであれば、転職エージェントがおすすめです。

なぜなら、自分だけでは気づかなった新たな可能性に出会える可能性があるからです。

仕事に行きたくなくて、朝泣く現状にもしっかり相談に乗ってくれるキャリアアドバイザーがつきます。

自分で探すのが苦手だったり、時間がなかなか取れなかったりするならば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

そして、転職エージェントの中でも、サポート体制が整っていて、求人数が多いところをおすすめとして紹介します。

転職者の方は平均で3社を同時に登録することで一番相性が合う転職エージェントに絞るという方法が主流なので、おすすめの転職エージェント3社をご紹介します。

  1. マイナビエージェント
    特徴:とにかくサポート体制の質が高い、求人数も多い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
  2. リクルートエージェント
    特徴:業界No.1の求人数、業界のトップランナー
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  3. type
    特徴:求人数も多く、サポート体制も業界トップクラス
    公式HP:https://type.jp

転職する際に、転職サイトの活用もおすすめ!?

転職エージェントより、自分の目で見て判断したいという方もいると思います。

その場合は、転職サイトで自分で条件を絞り、検索して探すのが良いと思います。

転職サイトも特化型より、大手総合の転職サイトのほうが、より多くの求人情報が載っているので、おすすめです。

こちらも、転職エージェント同様に、各社違う求人が掲載されていたりするので、3社くらい登録することをおすすめします。

スカウト機能などがあるので、企業側からスカウトされる可能性もあります。

そうすると給与の提示など、より条件が良くなる可能性があります。

  1. マイナビ転職
    特徴:求人数が多い、アプリもあるのでスマホで簡単に操作が可能
    公式HP:https://tenshoku.mynavi.jp/
  2. リクナビNEXT
    特徴:求人数が多い、アプリもあるのでスマホで簡単に操作が可能
    公式HP:https://next.rikunabi.com/
  3. ミイダス
    特徴:面接確約オファーが届く、現在の市場価値(年収)がわかる
    公式HP:https://miidas.jp/

営業を辞めたい…から本当にエンジニアになれるのか?

そして、皆さん知ってますか?

ここ数年、営業などの職種から、未経験でエンジニアになっている人が増加しています。

営業を辞めたいと考えていた営業職の人が、エンジニアとして活躍している例が増えてきています。

では、本当に営業を辞めたいと考えてるエンジニア未経験の人がエンジニアになれるのか?

結論から言います。

営業を辞めたい…からエンジニアになることは可能です。

なぜなら、現状、日本においてエンジニア人材は不足しています。

つまり、企業はエンジニアが足りていません。

エンジニアを増やす手段は大きく2つです。

海外のエンジニア人材を採用すること未経験エンジニアを採用することです。

つまり、未経験でもエンジニアになることが可能な環境です。

そもそもなぜエンジニア人材が不足しているかというと、インターネットサービスがどんどん増えているという背景があります。

インターネットサービスが増えているということは、インターネットサービスを作るエンジニアが必要です。

ただ、インターネットサービスが増える速度に、エンジニアの数が追いついていません。

だからこそ、営業を辞めたい…からエンジニアになることが可能なのです。

とはいえ、どうやって未経験からエンジニアなるのか?

それは、、、

営業を辞めたい…からエンジニアになる具体的な方法

営業を辞めたいと考えている人がエンジニアになる方法として最もおすすめなのは、プログラミングスクールの活用です。

オンラインプログラミングスクール

※地方の方におすすめは全国どこでも受講できるオンラインプログラミングスクールです。

①侍エンジニア塾
※無料体験レッスン申し込みでAmazon1000円分もらえる
»侍エンジニア塾の無料体験レッスンの申込みはこちら

②TechAcademy
※エンジニア転職保証(転職が決まらない場合は全額返金)
»TechAcademyの無料体験の申込みはこちら

③CodeCamp
※無料体験レッスン受講で、割引クーポン1万円分をプレゼント!
»CodeCampの無料体験レッスンの申込みはこちら

オフラインプログラミングスクール

①TECH::CAMP(テック・キャンプ)
※無条件「全額返金」保証あり(1週間)
»TECH::CAMP(テック・キャンプ)の無料説明会・体験会の申込みはこちら

②tech boost
※プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案
»tech boostの無料カウンセリングの申込みはこちら

③DMM WEBCAMP
※90%以上が未経験スタート
»DMM WEBCAMPの無料カウンセリング・体験会の申込みはこちら

社会人で未経験からエンジニアとして転職したいと考えている方はこちらを参考に。
>>>【社会人向け】転職支援までしてくれるプログラミングスクール5選

最近は未経験からエンジニアになるための育成基盤が整ってきます。

社内のエンジニア研修制度、プログラミング学習サービス、プログラミングスクールなどが揃ってきています。

その中でなぜプログラミングスクールがおすすめなのか?

それは、プログラミングスクールの中には、転職支援までしてくれるプログラミングスクールがあるからです。

つまり、未経験からエンジニアとして現場で働けるレベルの育成プログラムがあり、転職支援までする独自の採用ルートが用意されています。

それは、転職支援までしてくれるプログラミングスクールは、未経験からエンジニアとして育成させることを事業が成り立っています。

ということは、エンジニアとして企業が採用しても良いというレベルまでプログラミングを習得できる環境を整えない限り、ビジネスとして成り立ちません。

なので、転職支援までしてくれるプログラミングスクールのエンジニア育成プログラムの質は高くないといけないのです。

だからこそ、転職支援までしてくれるプログラミングスクールを活用することで、エンジニアとして転職できる可能性は高いのでおすすめです。

しかも、プログラミングスクールでは、無料相談会や無料説明会、無料体験レッスンなどを実施しているところがあるので、少しでも興味があれば参加してみると良いです。

下記の記事に、転職支援までしてくれて、無料相談会や無料説明会、無料体験レッスンを実施ているプログラミングスクールをまとめてあるので、興味があれば今すぐ読んでみてください。

»【社会人向け】転職支援までしてくれるプログラミングスクール5選

営業を辞めたい…からエンジニアになって営業を辞めてよかったと思える瞬間

営業を辞めたいと考えていた人が、実際にエンジニアになることで営業を辞めてよかったと思える瞬間がいくつかあります。

口コミ

東京都:N.T(28歳・男性)

・PCとインターネット環境があればどこでも仕事ができる
・営業成果のノルマに追われることから開放される
・エンジニアになったことで年収が上がる可能性がある
・服装がカジュアルで良い可能性が高い

 


東京都:T.T(25歳・男性)

・クライアント先への訪問で時間を消耗しなくて良い
・手に職をつけることができる
・エンジニアスキルを活用して副業ができる

などがあります。

また、元営業職だった人は、ビジネスサイドの理解も早いので、営業とエンジニアの架け橋のポジションを担うことができたりします。

そうすると社内や市場の評価も高くなり、結果的に年収もUPするでしょう。

なので、営業を辞めたいと考えいるなら、選択としてエンジニアという職種はおすすめです。

»【社会人向け】転職支援までしてくれるプログラミングスクール5選

まとめ

・営業を辞めたい…からエンジニアになることは可能
・転職支援までしてくれるプログラミングスクールを活用することで、エンジニアとして転職できる可能性は高いのでおすすめ
»【社会人向け】転職支援までしてくれるプログラミングスクール5選
・営業を辞めたい…からエンジニア以外に営業を辞めてよかったと思える方法は、転職エージェントや転職サイトを活用すること
・特におすすめは、転職エージェント
・転職者の方は平均で3社を同時に登録することで一番相性が合う転職エージェント/転職サイトに絞るという方法がおすすめ

 

  1. マイナビエージェント
    特徴:とにかくサポート体制の質が高い、求人数も多い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
  2. リクルートエージェント
    特徴:業界No.1の求人数、業界のトップランナー
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  3. type
    特徴:求人数も多く、サポート体制も業界トップクラス
    公式HP:https://type.jp
  1. マイナビ転職
    特徴:求人数が多い、アプリもあるのでスマホで簡単に操作が可能
    公式HP:https://tenshoku.mynavi.jp/
  2. リクナビNEXT
    特徴:求人数が多い、アプリもあるのでスマホで簡単に操作が可能
    公式HP:https://next.rikunabi.com/
  3. ミイダス
    特徴:面接確約オファーが届く、現在の市場価値(年収)がわかる
    公式HP:https://miidas.jp/

 

オンラインプログラミングスクール

※地方の方におすすめは全国どこでも受講できるオンラインプログラミングスクールです。

①侍エンジニア塾
※無料体験レッスン申し込みでAmazon1000円分もらえる
»侍エンジニア塾の無料体験レッスンの申込みはこちら

②TechAcademy
※エンジニア転職保証(転職が決まらない場合は全額返金)
»TechAcademyの無料体験の申込みはこちら

③CodeCamp
※無料体験レッスン受講で、割引クーポン1万円分をプレゼント!
»CodeCampの無料体験レッスンの申込みはこちら

オフラインプログラミングスクール

①TECH::CAMP(テック・キャンプ)
※無条件「全額返金」保証あり(1週間)
»TECH::CAMP(テック・キャンプ)の無料説明会・体験会の申込みはこちら

②tech boost
※プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案
»tech boostの無料カウンセリングの申込みはこちら

③DMM WEBCAMP
※90%以上が未経験スタート
»DMM WEBCAMPの無料カウンセリング・体験会の申込みはこちら

社会人で未経験からエンジニアとして転職したいと考えている方はこちらを参考に。
>>>【社会人向け】転職支援までしてくれるプログラミングスクール5選

参考・関連記事

「営業 辞めたい」の関連記事

ニャニャ
なんとなく営業に配属されて、なんとなく営業をやっていたけど、合う合わないはあるので、営業が辞めたいと感じているなら、まず転職活動をしてみたり、プログラミングスクールなどで新たなスキルに挑戦すると良いでしょう。

「営業を辞めたいと思ったら。営業職に向いていない人の特徴と対処法について」に関して
「営業を辞めたい!後悔しないために確認すべき7項目と解決法」に関して
「「営業辞めたい」実際に辞めた人たちに聞いた、辞めて正解?」に関して
「【それって甘え?】営業を辞めたいと思ったときに見るべき記事」に関して
「営業に向いてない人の特徴と今日から営業で成功できる3つのアドバイス」に関して
「「営業職の仕事を辞めたい」転職先はどうすべき?経験者に聞いてみた」に関して
「営業を辞めてよかった7つのこと/営業を辞めたいと思っている人へ」に関して
「営業職が辛すぎて1年で辞めてしまった話」に関して
「営業を辞めたい!! 営業以外の転職先おすすめ一覧&転職活動の方針まとめ」に関して

「営業 辞めたい 40代」の関連記事

ニャニャ
確かに40代での転職って勇気がいりますよね。。。ただ何かを始めることに遅すぎることはないと思います。人生100年時代なので、40代もまだまだこれからの世代になるでしょう。まずは転職サイトやエージェントを活用して、営業を辞めたい旨を伝えてみると良いです。

「仕事を辞めたい40代はどうすればいい?40代の転職について」が知りたい方
「正真正銘のラストチャンス!営業を辞めたい40代が考えるべき4つのこと」が知りたい方
「仕事辞めたい40代が考えなくてはいけない18個の事」が知りたい方
「営業職を辞めたいと思った時はどうすればいいのでしょうか?」が知りたい方
「営業からの中高年転職を成功させるためのポイントは?」が知りたい方
「営業が辛い、辞めたい。仕事が辛い営業マンが悩みを解決するには」が知りたい方
「仕事辞めたい40代が知っておくべきこと6つ」が知りたい方

「営業 辞めたい 理由」の関連記事

ニャニャ
営業を辞めたいときに、理由を考えるのは難しいかもしれないです。しかし、転職活動を進めていく中でやっていくほうが良さそうです。キャリアアドバイザーなどのアドバイスを取り入れたりすると納得感のある理由も明確になると思います。

「営業を辞めたい理由9つ」とは?
「営業を辞めたい7つの理由」とは?

「営業 辞めたい 新卒」の関連記事

ニャニャ
国税庁厚生労働省帝国データバンク東京都などのデータを使った分析結果とかも多くなってきました。転職するのも当たり前になってきたり、今では副業解禁とかのニュースもあるので、転職するのは全然良いと思います。

「営業を辞めたい新卒に届け!1年で退職して公務員になった体験談!」について
「新卒で営業を辞めたいと思ったら取るべき行動は転職で正解なのか」について
「新卒で営業に配属。辛い、辞めたいと思った時に転職はあり?」について
「新卒で営業を辞めたい新入社員が考えるべき3つのこと。仕事で辛い時こそ冷静に選択肢を考察しよう」について

「営業 辞めたい 転職」の関連記事

ニャニャ
営業辞めたいと感じているなら、他業界や他業種に転職したほうが良さそうです。自分の強みを活かせたほうが確実に成果につながる可能性が高いですし、仕事が楽しくなる可能性が高いです。

「営業辞めたいけど、次どうしよ..転職すべき仕事はコレだ!」詳しくはこちら
「営業が向いていないから転職したい人へ!別業界別職種の転職のススメ!」詳しくはこちら

「営業 辞めたい 甘え」の関連記事

ニャニャ
営業を辞めることは甘えなのか?全然そんなことはないと思います。ただ、営業が嫌なのか?会社が嫌なのか?を考えて、営業を辞めるかどうかをしっかり考えたほうが良さそうです!

「営業を辞めたい!辛いけど甘え?辞めたい理由とやるべき解決方法」について
「営業を辞めたい方へ。それは「甘え」なのか「正当な主張」なのか私が線引きします。」について
「営業がしんどい&辞めたいと言うのは甘え|営業が辛い時の対処方法」について
「営業を辞めたい、つらいと思ったら必ず知ってほしいこと。」について
「【営業向いてない・辞めたい】甘えではない理由とおすすめ職種・転職の注意点」について
「営業職がつらい。甘えでしょうか。」について