【知らないと損!?】会社を辞める決断をする前にやった方が良いこと

【知らないと損!?】会社を辞める決断をする前にやった方が良いこと

  • 2019年4月4日
  • 2019年6月25日
  • 転職
  • 1075view

・会社を辞める決断をする前にやっておいたほうが良いことがある

・結論:「手に職を付ける」or「転職活動を開始しておく」がおすすめ

・会社を辞める決断をする前に、しっかり次のステップが見えていて、好転するように準備をすることが重要

・「求めている未来を言語化する」というのは1番大切

・求める未来さえ明確なら、その未来を実現するための手段を選べば良い

 

会社を辞める決断をするまでにはいろいろ考えることも多いと思います。

多くの人が会社を辞める理由を探したり、どうやって会社を辞める理由を伝えるか?と言ったようなことを考えます。

N子
「会社を辞める決断をしようと思っている。あとはタイミングの問題だな」

という心境で、辞めるタイミングを狙っている人もいると思います。

しかし、それ以外にも会社を辞める決断をする前に考えたり、やったりしたほうが良いことはけっこうあります。

これを知っているか?知っていないか?では辞めた後に大きく差が出ます。

つまり、勢いのまま会社を辞める決断をするのではなく、あくまで会社を辞めるというのは次のステップに行くためにしっかり準備をした上で、会社を辞める決断をしたほうが良いです。

しかもそれは長い期間を準備したほうが良いと言っているわけではないです。

数日間だけでも良い内容もあります。

では、会社を辞める決断をする前にやったほうが良いこととは具体的に何なのか?

その内容を紹介していきます。

マイナビエージェント

結論:「手に職を付ける」or「転職活動を開始しておく」がおすすめ

結論から言います。

会社を辞める決断をする前に、「手に職を付ける」or「転職活動を開始しておく」ほうが良いです。

つまり、一回冷静になって、現状の環境の中で、未来が豊かになる「最善の策」を選んだほうが良いです。

手に職を付けるなら、プログラミングがおすすめ

詳しくは、あとで紹介しますが、エンジニアスキルを身につけると人生の選択肢がかなり広がります。

そして、おすすめなのはプログラミングスクールを活用することです。

これは、独学の場合、多くの人が挫折して時間を無駄にしているからです。

こういう時はケチらず、しっかり自分への投資として考えて、有料でもプログラミングスクールの活用をオススメします。

この時点で、以前からプログラミングスクールに少しでも興味があった人向けに、厳選した情報をまとめたものを紹介します。

※もっと詳細を知りたい人は、そのまま記事を読み進めて下さい。

オンラインプログラミングスクール

※地方の方におすすめは全国どこでも受講できるオンラインプログラミングスクールです。

①侍エンジニア塾
※無料体験レッスン申し込みでAmazon1000円分もらえる
»侍エンジニア塾の無料体験レッスンの申込みはこちら

②TechAcademy
※エンジニア転職保証(転職が決まらない場合は全額返金)
»TechAcademyの無料体験の申込みはこちら

③CodeCamp
※無料体験レッスン受講で、割引クーポン1万円分をプレゼント!
»CodeCampの無料体験レッスンの申込みはこちら

オフラインプログラミングスクール

①TECH::CAMP(テック・キャンプ)
※無条件「全額返金」保証あり(1週間)
»TECH::CAMP(テック・キャンプ)の無料説明会・体験会の申込みはこちら

②tech boost
※プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案
»tech boostの無料カウンセリングの申込みはこちら

③DMM WEBCAMP
※90%以上が未経験スタート
»DMM WEBCAMPの無料カウンセリング・体験会の申込みはこちら

転職活動を開始しておくのもオススメ

理由の詳細に関しては、これから説明していくので、割愛しますが、端的に言います。

・転職活動をすることで、今後の人生を考えるきっかけになる
・辞めるとなった時に、転職先が決まった状態でスムーズ

という点です。

そして、転職活動をする際には、転職エージェントや転職サイトを活用することをオススメします。

連絡がたくさん来るし、メールボックスもいっぱいになるし、、、

というマイナスなイメージがある人もいるかもしれませんが、しっかり活用するっていう観点でいうとプラスにすることができます。

例えば、実際に登録してみると、オファーが届いたりして、自分の市場価値などを客観視できます。

そして、使い方としてオススメなのが、おすすめの転職エージェントと転職サイトを、だいたいそれぞれ3社ずつくらい登録して、1番使いやすいものに絞っていくのが失敗しないやり方です。

早速、この時点で既に行動しよう!と感じた方向けに、おすすめの転職エージェントと転職サイトを3社ずつ紹介します。

 

  1. マイナビエージェント
    特徴:とにかくサポート体制の質が高い、求人数も多い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
  2. リクルートエージェント
    特徴:業界No.1の求人数、業界のトップランナー
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  3. type
    特徴:求人数も多く、サポート体制も業界トップクラス
    公式HP:https://type.jp
  1. マイナビ転職
    特徴:求人数が多い、アプリもあるのでスマホで簡単に操作が可能
    公式HP:https://tenshoku.mynavi.jp/
  2. リクナビNEXT
    特徴:求人数が多い、アプリもあるのでスマホで簡単に操作が可能
    公式HP:https://next.rikunabi.com/
  3. ミイダス
    特徴:面接確約オファーが届く、現在の市場価値(年収)がわかる
    公式HP:https://miidas.jp/

 

まず結論から先にお伝えしましたが、会社を辞める決断をする前には、準備が重要です。

その理由に関して、これから詳細を説明していきます。

マイナビジョブ20's

会社を辞める決断をする前に、なぜ準備が重要なのか?

前述でも少し触れましたが、会社を辞めるということは、現状何かしらの不満や不安があり、それに対する解決策として会社を辞めるという選択肢を選ぶことを決断していることだと思います。

つまり、「会社を辞める決断をする」というのは、「次のステップに行くため」だと考えられます。

次のステップに行くというのは、より良い環境で働く、よりやりたいことをやる、呪縛から開放されるとかの何かしらプラスな効果を生むということだと思います。

と考えると、「会社を辞める決断をする」というのは、あくまで手段なはずです。

その手段を使ったことによって、明るい未来に行けなかったら意味がありません。

けっこう多くの人が「会社を辞める決断をする」ということが目的になって、先のことを考えてなくて、会社を辞めるという労力も精神も消耗する決断をしたのにも関わらず、状況が好転していないという状態に陥ることが多いです。

だからこそ、会社を辞める決断をする前に、しっかり次のステップが見えていて、好転するように準備をすることが重要なのです。

では、会社を辞める決断をする前にやったほうが良い準備とは具体的に何なのか?

いくつか紹介していきます。

準備①:求めている未来を言語化する

まず、始めにやったほうが良いのは、会社をやめることによってどういう未来を求めているのか?を明確にすることです。

正直、この「求めている未来を言語化する」というのは1番大切です。

なぜなら、この求める未来によって、優先すべき準備が大きく違ってくるからです。

また、求める未来を言語化することにより、会社を辞める決断をする、その決断を会社に伝え辞めるまでの行動の活力になります。

やはり、会社を辞める決断をしたり、実際に退職手続きをやっていくのは労力も精神も消耗します。

そこで疲れ果ててしまう人もいるくらいです。

ただ求める未来さえ明確なら、その辛さも乗り越えられる可能性が高いです。

準備②:求めている未来を実現するための手段を列挙する

求める未来さえ明確なら、その未来を実現するための手段を選べば良いだけです。

よくあるのが、今見えている、もしくは思いついた手段1つだけに固執して 、選択を運任せにして、結局失敗してしまうということです。

つまり、その時の感情に任せて、しかも視野が狭い状態で、意思決定をしてしまうがために、もっと良い選択肢があったのにもかかわらず、後々それに気づき後悔したり、失敗して初めてあまり良い選択ではなかったことに気づいたりします。

なので、一旦冷静に、かつ視野を広げて、どういう選択肢があるのか?を考えたほうが良いです。

感情的になっているときは、だいたい良い選択はできないことが多いです。

だからこそ、一回足を止めて、急がずに、考える時間を設けることが大切です。

ただし、ここで要注意なのは、考える時間をだらだら設けないということです。

結局、考える時間がダレて、状況を変化させる気がなくなったり、行動ができずに状況が変わらないというような状況に陥る可能性が高いです。

そして、考えれば考えるだけ、他にも良い選択肢があるのではないか?という欲が出てきて、いつまでも選択肢を探すことに時間を消耗してしまう。

なので、しっかりいつまでに選択肢を考えるのか?という納期を決めて、選択肢の洗い出しを実行することをおすすめします。

準備③:列挙した手段の選択肢に関して調べる

選択肢を列挙しただけでは、不十分です。

手段の選択肢を列挙するのは、あくまで「行動して次のステップに進めため」です。

なので、考えて満足は危険です。考えただけでは未来が変わりません。

だからこそ、実際に実行するために調べたほうが良いです。

例えば、「転職」という手段を選択する場合にも、いろいろ考慮することがあります。
・どういう職種に転職するのか?
・転職するときには転職エージェントや転職サイトを活用するのか?
・どういう企業に転職することを目指すのか?

などです。

マイナビエージェント

会社を辞める決断ができないならときにおすすめなのは…

手に職をつけるならプログラミングがおすすめ

冷静に考えてみると、会社や仕事を辞める決断をするさいにまだ準備が足りないかもしれない。。。

と感じている人は特にですが、今のうちに計画的に手に職を付ける時間に使っても良いかもしれません。

具体的には、やはりインターネットは間違いなく成長産業です。

そして、エンジニアは不足しています。

なので、未経験からでもエンジニアとして転職できる可能性は高いです。

また、エンジニアスキルを身につけることによって、フリーランスとして働く、副業で収入を増やすといったことが可能な時代です。

つまり、エンジニアスキルを身につけることで、人生の選択肢が広がります。

そう考えるとプログラミングのスキルを付けるのはおすすめです。

また、未経験から始めるならプログラミングスクールを活用したほうが良いです。

理由は簡単です。

独学で学ぶハードルが高く、学べたとしてもエンジニアとして転職できる確率は低く、中途半端な結果に終わってしまうことが多いからです。

最近では、プログラミングスクールなどが増えて、プログラミングを習得できる環境が整っています。

プログラミングスクールによっては、Webデザインのスキルまで習得できるようなカリキュラムもあります。

プログラミングとWebデザインまでできれば、転職しても給料は上がるだろうし、独立していくことも可能でしょう。

なので、プログラミングスクールを活用して、手に職をつけるというプランはおすすめできます。

興味がある人のためにおすすめのプログラミングスクールを厳選して紹介します。

また、分割支払が可能で、負担をなるべく軽減でき、さらに無料説明会、無料相談会、無料体験会などを開催しているプログラミングスクールだけを紹介します。

オンラインプログラミングスクール

※地方の方におすすめは全国どこでも受講できるオンラインプログラミングスクールです。

①侍エンジニア塾
※無料体験レッスン申し込みでAmazon1000円分もらえる
»侍エンジニア塾の無料体験レッスンの申込みはこちら

②TechAcademy
※エンジニア転職保証(転職が決まらない場合は全額返金)
»TechAcademyの無料体験の申込みはこちら

③CodeCamp
※無料体験レッスン受講で、割引クーポン1万円分をプレゼント!
»CodeCampの無料体験レッスンの申込みはこちら

オフラインプログラミングスクール

①TECH::CAMP(テック・キャンプ)
※無条件「全額返金」保証あり(1週間)
»TECH::CAMP(テック・キャンプ)の無料説明会・体験会の申込みはこちら

②tech boost
※プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案
»tech boostの無料カウンセリングの申込みはこちら

③DMM WEBCAMP
※90%以上が未経験スタート
»DMM WEBCAMPの無料カウンセリング・体験会の申込みはこちら

社会人で未経験からエンジニアとして転職したいと考えている方はこちらを参考に。
>>>【社会人向け】転職支援までしてくれるプログラミングスクール5選

まず転職活動してみるのがおすすめ

会社や仕事を辞める決断をするときには準備が大切という話をしてきましたが、会社や仕事を辞める決断がなかなかできない人もいると思います。

そういうときは、まず転職活動をしてみることをおすすめします。

実際に転職活動をしてみると、いろんな情報を調べますし、それこそ自分のキャリア感に関して、深く考えるきっかけになります。

そして、転職活動をすると決めたら、まず転職エージェントや転職サイトに登録してみて下さい。

どの転職エージェントや転職サイトを使おう?と悩むのは時間の無駄だったりします。

なぜなら、悩んでいたら、結局何も行動できない状態に陥ってしまう可能性が高いからです。

なので、転職活動をすると決めたら、まず転職エージェントや転職サイトに登録してみることから始めると良いです。

実際に登録してみると、オファーが届いたりして、自分の市場価値などを客観視できたりすることもできます。

そして、せっかくなので、おすすめの転職エージェントと転職サイトを3つずつ紹介します。

転職する際はだいたいそれぞれ3社ずつくらい登録して、1番使いやすいものに絞っていくのが失敗しないやり方で、おすすめです。

 

  1. マイナビエージェント
    特徴:とにかくサポート体制の質が高い、求人数も多い
    公式HP:https://mynavi-agent.jp/
  2. リクルートエージェント
    特徴:業界No.1の求人数、業界のトップランナー
    公式HP:https://www.r-agent.com/
  3. type
    特徴:求人数も多く、サポート体制も業界トップクラス
    公式HP:https://type.jp
  1. マイナビ転職
    特徴:求人数が多い、アプリもあるのでスマホで簡単に操作が可能
    公式HP:https://tenshoku.mynavi.jp/
  2. リクナビNEXT
    特徴:求人数が多い、アプリもあるのでスマホで簡単に操作が可能
    公式HP:https://next.rikunabi.com/
  3. ミイダス
    特徴:面接確約オファーが届く、現在の市場価値(年収)がわかる
    公式HP:https://miidas.jp/

できるだけ早く次のステップに進んだほうが良いので、この手段の調査にもそんなに時間をかけずに、迷うならいくつか行動してみてしまったり、すでに経験してそうな友人に相談してみるのが良いです。

意外に近しい人に詳しい人がいたりしますので!

マイナビジョブ20's